化学品
日本・化審法安衛法

日本 新規化学物質届出

日本

化審法

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」(化審法)は、人の健康を損なうおそれ又は動植物の生息・生育に支障を及ぼすおそれがある化学物質による環境の汚染を防止することを目的とする法律です。化審法番号のない化学品を製造、使用、輸入する前に、経済産業省、厚生労働省、環境省へ届出しなければなりません。

最近では分解性、蓄積性にQSARの利用が推奨されております。経験豊富な専門家、試験施設と協力して、最適な届出戦略を立て届出を行います。

安衛法

「労働安全衛生法」(安衛法)は職場における労働者の安全と 健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進することを目的とした法律です。

安衛法における新規化学物質を製造・輸入する場合は、事前に厚生労働省への届出が義務付けられています。その内、年間100kgを超える場合は有害性の調査(復帰変異原性試験(Ames試験)を添付する必要があります。

当社のサービス